blog

担当デザイナーから

shigemori

こんにちは。はじめて記事を書きます。

株式会社メディカルウィングス関連のすべてのウェブや印刷物の
アートディレクションとデザインを担当しております重森健次郎と申します。

まずは自己紹介させてください。

東京在住30年近くでデザイン歴は紙やプリントが15年程。ウェブ歴は6年程です。
基本的にファッションやアート関連及び食のデザインを多く手がけております。

上部にある「眼」のデザインは、私がデザインする上でのデザインアイコンです。
デザイン活動のアイコンですから聞くモノではなく、話すモノではなく
「見るモノ」という意味があります。

東京都在住のデザイナーである私が三重県のかかりつけ薬局を運営する株式会社メディカルウィングスの
デザインを請け負うことになった経緯は私の妻が株式会社メディカルウィングスの代表取締役であり
薬剤師の水谷岳史(みずたにたけふみ)さんのところでお世話になっている薬局の方と良き友人だったこと
でご紹介いただいたという流れのご縁です。

こうしたご紹介でクライアント様としてのお付き合いがはじまることは
デザイン業界では珍しくありません。ただこのご縁には大変感謝しています。

なぜなら、緑美しく風景が雄大で自然豊かな土地に伺いデザインの打ち合わせなどする時には
都会の喧噪を忘れられ、こころ穏やかな時間を過ごすことが出来るからです。

それと、水谷岳史さんもデザインのことは私に一任してくれているので大変やりやすく、
やりがいのある仕事です。自由にやらせていただいています。

仕事としては三重県という場所を薬局のデザインを通して知っていただいたり
興味を持っていただいたりすることに最近はやりがいもかなり感じ始めています。

ウェブなどは特に世界各地の多くの方が自由に閲覧できるものですからいろいろな意見があると
思いますので株式会社メディカルウィングス関連のウェブを閲覧して「ここが使いにくい!!とか
ここはすごくデザインが良いですね!!」とかご意見ご感想がありましたらお気軽に

shigemorikenjiro@gmail.com

までご連絡ください。

今後の株式会社メディカルウィングスのデザインが使いやすくなり良くしていくことに
なると思いますので宜しくお願い致します。

今後は担当アートディレクター+デザイナーとして
株式会社メディカルウィングスロゴデザイン誕生秘話やロゴデザインの意味、
ウェブサイトの制作を請け負って思うことやメディカルウィングスオフィシャルウェブデザインの意味など
このブログに書いていければと思っています。

このブログを多くの人に読んでもらえるよう頑張ります。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

重森健次郎

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Categories : デザイン