blog

熱中症について


今年も連日暑い日が続いていますね。
埼玉県熊谷市では観測所での最高気温が5年ぶりに更新されたというニュースを聞きました。
なんと41.1度だったそうです。
みなさんも熱中症には十分気をつけてください。
今回は熱中症について書きたいと思います。

熱中症の主な症状としては、めまい、立ちくらみ、顔のほてりなどがあります。
こうした症状の場合は、日陰に移動し保冷剤等で体を冷やし、水分補給をすることを勧めます。
症状が改善しない場合には救急車を呼んだ方がいいかもしれません。
重度になると、まっすぐに歩けない、けいれん、意識障害といった症状が見られます。
そういった場合は、救急車をすぐに呼ぶことが求められます。

発生場所について、屋外が多いと思われる熱中症ですが、実は屋内(居住場所)が最も発生率が高いです。
屋外ではないからと油断せず、温度管理には気をつけてください。

熱中症の予防法としては、水分をこまめに摂取することが良いとされます。
なお、一気に摂取しないということがポイントです。
水分を一度に多量に摂取すると体内の電解質バランスが崩れ、吸収しきれなかった水分が汗としてではなく尿として排出されるため、結果として脱水症状を引き起こしてしまうそうです。
1時間にコップ一杯程度の水を飲むことが熱中症の予防につながるそうです。

熱中症に気をつけて、この夏をお過ごしください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Categories : ヘルスケア