blog

紫外線対策

 台風4号が過ぎ去り、大雨と大荒れの天気が続きました。

梅雨の時期に台風が来るなど予想していなかった私は、

いつ電車が止まるか分からない中、名古屋で用事を

済ませとんぼ帰りで電車に乗りました。窓の外を見ると

傘も役に立たず、雨、風に打たれながら必死で歩いている

人達がいました。科学がいくら進歩したと言えども、それに

は太刀打ち出来ない程の自然の大きさを感じました。

 最近は益々紫外線も強くなり、昔みたいに日焼け止め

を塗らず真っ黒に日焼けしている子も少なくなりました。

それだけ皮膚に対するトラブルも増え、お母さん方の意識

も変わってきたのでしょう。紫外線はシミやシワ、たるみな

ど、肌トラブルの大きな要因となり活性酸素の発生にも

関わっていると言われています。春夏は一年でも特に紫外

線量は多く、普通に生活しているだけでも、窓越しの日光

から紫外線を浴びています。外出時には、日傘やサングラ

スなどで物理的に防ぐのはもちろん、常に日焼け止めを

上手に使って大切な肌を守りましょう。

 日焼け止めを選ぶ際にPA、SPFという言葉を耳にする

と思いますが、SPFの値が大きすぎるものはそれだけ肌

に負担をかけることになり、お肌の弱い人にはお勧めでき

かねます。日焼け止めの持続効果は例えばSPF30なら

15分(しみが出来る時間)×30(SPF)=450分

と言う計算になります。小さい子供がいる私の場合、11

時位に夕飯のお買い物に出かけ、夕方は公園で遊ばせ

5時には帰宅するのでSPF30で十分対応出来る数値だと

思います。少し気になる方、又、紫外線がキツイ時期は、

日焼け止めを二度塗りで紫外線をしっかりカットしましょう

!!!それと紫外線は大量のビタミンCを消費します。

紫外線の刺激がなくても、ビタミンCの欠乏のためにメラニ

ン色素が沈着して黒くなることもあるので、しみ、そばかす

のない美しい美白の肌を保つためにはビタミンCは不可欠

です。柑橘類や緑黄色野菜を摂りたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Categories : ヘルスケア