blog

オフィシャルウェブサイトのデザインについて

top

2014年にリニューアルされたサイトのデザインについて書きます。

今回のリニューアルは、「むくもと薬局単独の運営」から「複数店舗を運営していく」
計画の中で、「ウェブサイトをリニューアルする」という事になりました。

そこで、「株式会社メディカルウイングス=むくもと薬局」だったものを
「複数店舗を運営する株式会社メディカルウイングス」というイメージを伝えるため、
株式会社メディカルウイングスのサイトと
それぞれの店舗のサイトを分けて製作する事を提案しました。

ですから

会社のサイトと店舗のサイトが情報整理が行われていて、スッキリした印象を持ちます。
それと水谷様の方から「薬局のサイトっぽくないデザインにしてほしい!」という依頼
もありました。

現在、医療関係や薬局などのサイトデザインはいくつかのサイトを除き、
デザインは「保守的で大体同じようなデザイン」が多いです。
そんな中でのそうした依頼はデザインに深い理解とチャレンジ精神を感じました。

デザイナーとしても楽しみな案件であり、面白い仕事になりました。

まずは株式会社メディカルウイングスのオフィシャルサイトの事から書きます。

ロゴをメインに印象的でシンプルなデザインが良いと思い、
サイトトップページのメインにロゴを使用しています。
イラストは「壷のようなモノから薬草や果物のような身体を治癒するモノがあふれ
両サイドには天使がラッパを吹いている様子」が描かれています。
これはまた薬局を運営するメディカルウイングスの象徴であるお薬が薬草や果物として、
翼が天使の羽としてイラストで会社のコンセプトを伝えるモノです。

イラストはメディカルの「M」とウイングスの「M」も連想させます。
ロゴデザインに近いですね。
(ロゴデザインの意味:当ブログ 2014.6.10 | 株式会社メディカルウイングスのロゴ
マークについてを参照)

サイトのデザイン構成ですが
最初のロゴは前回ロゴの意味で書きました「静脈の青」をイメージさせています。
それから
「ごあいさつ」「代表プロフィール」「ひとこと」「設備」「会社概要」「労務顧問」
「求人」「お問い合わせ」と
コンテンツがあり、
コンテンツの部分は「リンパの白」をイメージできるよう情報はできるだけ文字情報で
モノクロでデザインしてあります

コンテンツの「設備」と「会社概要」の間には薬剤の瓶やパッケージをデザインで入れ
てあります。

最後にスクロールすると「動脈の赤」をイメージするロゴが現れます。
サイト自体がロゴのカラーに象徴される構成となっています。

いろいろ思入れがあって製作させていただきました。
デザインについて少し分かっていただけたかと思います。

次回は「店舗のサイトデザイン」について書けたらと思います。

重森健次郎

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Categories : デザイン