blog

手指消毒について

先日のブログでは手洗いについてお伝えしました。

今回は「手指消毒」についてお伝えします。

だんだん寒くなってきて、今年はより冷え込むと、気象庁により予想されています。

新型コロナウイルス感染症の流行がいまだ続く中、インフルエンザの流行の時期にもなりました。

感染症を予防するためにも手洗い、うがい、マスクの着用、手指消毒は重要とされています。

中でも手指消毒は、手洗いがこまめに出来ない外出先では欠かせません。

正しい手指消毒をして、より安全な外出を心がけましょう。

厚生労働省が推奨する手指消毒の仕方は以下の通りです。

  1. 十分な量を手のひらに取ります
  2. 手のひらをこすりあわせます
  3. 手の甲を合わせてすりこみます
  4. 指先・爪の間にすりこみます
  5. 指の間にすりこみます
  6. 親指をねじり合わせてすりこみます
  7. 手首にすりこみます

⚠十分に乾燥したことを確認します

【手洗い・手指消毒のタイミング】

・公共の場所から帰った時

・咳やくしゃみ、鼻をかんだ時

・ご飯を食べる時(前と後)

・病気の人のケアをした時

・外にあるものを触った時

また、手指消毒をすることで、手が荒れやすくもなりますので、

手指消毒をした際には、アルコールが十分に乾燥したことを確認し、

ハンドクリーム等で、手の保湿もしていきましょう。

最後に、手洗い・うがいも大切ですが、“こまめな換気”も忘れずに感染対策していきましょう。

画像元:「正しい手指消毒」 https://www.mhlw.go.jp/content/000501122.pdf

「手洗いの5つのタイミング」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう